The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

September 2020

コンプレックスは依存の種



心理学的な話をすると、
コンプレックスというのは所謂
依存の種である。


コンプレックスというのは人間誰しもが持っているとされている感情なんだけど、

ここ数年の間に出会ってきた人の中でも、

今の30代前半~20代半ばまでの特に女性は、このコンプレックスの感情が強い傾向にあると感じる。


コンプレックスというのは、誰にでもあると同時に、何に対してもあるというのだけど、

結構これがその人の恋愛傾向まで左右する程の弊害になっている事を当の本人たちは分かっていない。

俺が出会ってきた女性たちの中で兄弟あるいは姉妹に対するコンプレックスが強い傾向にある人が多かった。

こういう人達は、兄弟に対するコンプレックス=自分が劣っている(劣等感)を抱いている傾向がある。

そして、こういう人達は、プライドが高く、理想が高く、そのくせ依存傾向が強い。

兄弟へのコンプレックスというのは割と多くある話で、

例えば、兄弟の方が美男美女だとか、モテるとかがコンプレックスの種である事が多いのだが、

その程度なら大人になったら解消される事が多い。

しかしながら、親が兄弟と自分とを比較して幼少期を育った場合、

大人になってもコンプレックスが解消される事なく、それを抱いたまま成長してしまうケースがある。

多くの場合、コンプレックスは大人になるにつれ、人生経験を積む中で解消されていく。

しかし、親という絶大な存在から身近な肉親である兄弟と比較されて育つと、

その兄弟と親に対してコンプレックスを抱き、その負の感情は常にフラストレーションを抱え込む原因となる。

兄弟、または親へのコンプレックスを抱いてしまうと、愛情を強く求めるようになる傾向がある。

俺が出会った女性の中で多かったのが、歳の近い兄弟(年子の兄弟)と比較される事で親の愛情を十分に受けられず、兄弟へは嫉妬を、両親へは憎しみを抱いていた人がいた。

俺は最初その人のことが好きだったけれど、仲良くなるにつれて、その人の闇を知った。

その人は、年子の兄と比較されて育ち、特に両親へは強い憎しみを抱き、兄とはほとんど連絡を取らないほど、家庭環境は歪んでいた。
そして、その家庭環境によって青春期を過ごした事により、歳の近い異性は恋愛対象外となり、
彼女の恋愛対象は一回り以上歳上の男性に限定されていた。
これは、幼少期に歳の近い兄を嫌い、両親からは愛情を注がれなかった事によって創り出されたフラストレーションによるもので、親からの愛情が欲しかったから恋人には父性を求めているといった状況だった。

しかし、彼女は奔放に自分を好いてくれる男性を手ごまに取り、片や自分は13歳年上の男に夢中。
まるっきりダメ女になってしまった。

彼女の事が好きだったけど、彼女の闇は根深いと知った俺は身を引いた。
すると、数か月後に連絡を取ると彼女は13歳上の男と別れ、そして、うつを患っていた。

俺はこんな仕事をしていると、出会う人ごとに心理的な分析をしてしまう癖がついてしまった。


過去に付き合っていた彼女も年子の妹に両親が愛情を注いできたばかりに、
実家に住む事を嫌い、妹は彼女の事が大好きで彼女も妹が大事だったが、
それとは裏腹に妹にまとわりつかれる事がコンプレックスだったようだ。
それに巻き込まれた俺は、結局彼女はリゾバへ行ってしまい、お別れとなった。

両親の話はあまり聞かなかったけれど、きっと彼女も父親へのコンプレックスがあったのだろう。
過去に付き合ってきた人や、俺と別れてから付き合った人はみんな歳がいくらか離れた年上だったようで、そこにも父性を求めていた依存傾向がうかがえた。



俺は割とそういう人達と出会いやすい人生のようだが、
結局のところ、その人達を救う事は出来ないと気付いた。

だから最近は、そういう傾向の人だと分かると身を引く事にしている。

そういう人は、付き合っていても、気遣っていても、
良い方には向かわない。
こちらがポジティブに接しても、彼女たちはコンプレックスから抜け出せない。
そういうのは、本当に専門の精神科に通って治療するものであり、
こういった分野の話はデリケートなので、本人は望まない限りは受診する事も勧められない。

今はまた出会った人が姉へのコンプレックスで自分はこうなったと主張するタイプの子で、

姉が自由奔放であったがために自分は真面目に徹するようになったという。

でも、姉の方がモテていた。とかそういう話を引き合いに出しては、自分は肌がきれいじゃないからモテない。自分は髪がくせ毛だからモテない。などのネガティブ発言を自虐の度を越したトーンで発してくる。

正直俺はこういう類の人が嫌いだ。

他者に肯定される事で自分の存在を肯定しようとするタイプ。

こういう子はまさに他人に依存するタイプで、
今は付き合っていないからその気は見せていないが、恐らく付き合う事になったり、
うっかりセックスをしてしまうと、もう歯止めは利かなくなるだろう。

こういう人は、自己肯定感が低すぎて、他の人からフォローされても飽き足らず、
人一倍愛情や称賛を求める一方で、自分からは開示する事はしようとしない傾向にある。


いつも人の所為にしている。

自分が努力しようともしない。


俺から言わせてもらえば、

人生経験が少なすぎるだけ。


何気にこのタイプは自分が居心地のいい場所を求めるあまり、冒険をした事がない。

死ぬわけでもないのに、心配が先に走り、冒険しようともしない。

苦手でもないのに、やった事のない事への警戒心が非常に強く、

失敗を強く恐れる。



そういう人達は、失敗してみればいい。

別に死ぬわけじゃないし、

仮にうっかり死んじまったのなら、

このコンプレックスと依存感情から解き放たれる事が出来るからラッキーだと思えばいい。

こういうタイプの人ほど、

苦しみ、悩んでいるくせに、

死を極端に恐れる。


そのくせに快楽を一層嫌う傾向にある。


いわゆる天邪鬼なんだわ。


そういうのは本当に付き合うだけ疲れる。


給付金10万円の罠


新型コロナウィルス感染拡大に伴う経済成長の低下を阻止するべく全国民に向けて給付された10万円。

どうお使いになりましたか。


実際10万円って微妙な額だった事は周知の事実。

政府「コロナで給料減ったりしたらアレだから10万円配ろー!」

ではないですよね、本当の狙いは。


これは政府が消費の減衰を是正すべく施行した政策であって、
「10万円配るから、消費して返してね!」って事ではないのです。

そんな、
10万配って買い物して10万返せだったら
消費は低迷したままだし、経済力も低下するだけ。

ここのところに罠がありました。

「10万円貸すから消費して返せ」じゃないんですよ。

そんなの政府にとっては±0にしかならない。


正しくは「10万円貸すけど、それ以上の消費して売却額以上返してね」です。笑

実際どうですか。

給付金10万円使っても、それだけじゃ生活出来ませんよね?笑

給付金10万円使っても、欲しいものは10万円以上したんじゃないですか?

俺はiPad Airを買ったので、8万5000円くらい使いましたけど、残りの1万5000円はどこに行ったのやら、いつの間に消えました!笑

俺みたいに10万円以内のものを狙って買い物をするならまだしも、
10万円を元手にして、10万円以上の価格のもの、例えばテレビとかの家電を買った人も多いんじゃないでしょうか。

確かに10万円元手にすれば、消費者側は10万円浮くんですけどね、
でも結局、この給付金の狙いは、
「消費の低迷を防止する」という事であり、
人の心理をガッチリ掴んでいる額面である。

「10万円元手にすれば、ある程度の高いものや品質の良いものを購入出来る」
というのが、我々平民の思考です。

しかし、これが15万円とか20万円の給付金なら、意外とみんな消費したってお釣りがくるくらいの額なんです。

10万円。
コロナ対策諸々の支援のための給付金としては、少ないとは思う。

けれど、政府側からすると、消費活動をする国民の心理を射た最適な額だったと言えるのです。

テレビやパソコン、タブレットなどの家電が売れた上半期においては、給付金の10万円を元手にした購入が多かったと思う。

でも、その人たちのほとんどは10万円以内の買い物はしてないんだと思う。

ほとんどの人が10万円以上の買物をしたに違いない。

そこに、政府の思惑があった。

この給付金はあくまで消費低迷を防ぎ、うまくいけば、消費を促進する事が出来ると練られた政策なのです。

10万円って結構すぐ使い切れる額だから、
貯金しようという人もいたかもしれないけど、貯金したって、生活費でなくなってしまうなら、いっそ何か買ったり、美味しいもの食べたりする事に使った方がいい。
と考えた人も多かったと思う。

だからこそ、政府側の意見としては適切な額だった。
人の購入意欲を刺激するナイスな経済対策だった。

多くの人が「どーせ10万出たから少しオーバーしても大丈夫!という気持ちだっただろう。
だからこそ、の消費促進のアイテムだったわけ!


なぜ今さら、こんな事を書いたのかと言うと、
最近、部屋を掃除してて、ものを捨てたりして、ラックが欲しいと思って家具量販店に行った時のこと、

カラーボックス2000円弱程度を前にして子どもが「60万入ったんだから、こんなの余裕でしょ?」と父親にせがんでいたのを見て、実はこれがその余裕を裏で罠にハメるための巧妙な作戦だと言う事を彼らは気付いてはいないのだろう。


お金というものはやはり魔力があって、
持てば持つほど、失くしたくなくなり、
より欲しくなる。
しかし、一度使う方にシフトすると、自分の欲を満たすために消費される。


眠い。

正直なところ


マッチングアプリの攻略法とか偉そうに書いてるけど、実のところ自分は、飽きました。笑


自分が求めてるのは、結婚やら交際に繋がる真面目な出会いだったので、今はどっちのアプリもケータイから消してログインもしてない。

※有料会員の解除はしてる。


と言っても、やめる前まで連絡取ってた人たちとは一通りLINE交換して、今は二人の候補と並行してデートを繰り返してる。
※珍しく、どちらにも手を出していない。笑


そして、今まで体の関係を持ってしまった人たち(不可抗力的に言うとせこいな笑)とは、さよならした(一方的にしたと思ってる)。

先週の頭にも、札幌近隣の某E市のナースの子から「今週の水曜あたりこっちこない?」と連絡が来たが、その子その前の週には彼氏出来たって言ってたのに、俺を呼び出すなんて俺はデリヘルか何かか?

呆れてしまったので、
「俺は都合よくデリバリー出来るウーバーイ○ツじゃない!」と言ってやった。

そもそも彼氏はどうした?と聞くと、
彼氏が転勤になったのと、その子がアプリ続けていたのがバレて連絡取っていないという、
それは俺関係ないだろ。

その話には、二つは裏があると思う。

一つは彼氏は元々転勤が決まっていたけど、
その子とヤリたいから付き合うと言ったこと。
もう一つはヤッてからもういらなくなって捨てられたこと。
アプリの話はこじつけ。

でもこれ普通なら
彼氏から連絡来ないことを嘆いて終わりでいいんじゃないか?

なぜ、俺に?

「イチャイチャしたい!朝まで一緒にいてくれるなら札幌行ってもいい!」

だと?

それもうデリヘルより立ち悪いじゃん!笑

俺は平日ガッツリ仕事してるから朝までとか無理だし!って言っても分かってくれない笑

てか、前にそういうのが嫌で拗れて付き合わなかったんじゃん!
1ヶ月で忘れるなよ!笑

こいつは恐らくアスペだなと思った。

イチャイチャ(セックス)するなら3時間でいいだろ!

態々朝までとか俺の事考えてくれてない!
そもそも恵庭まで呼び出すのも考えてくれてないし、彼氏のことはそのままでいいんかい!?

正直イラッとしたので、
「そーゆーところ、嫌いだから」と返信したらやっとレス来なくなった!♪───O(≧∇≦)O────♪


マジもう、そーゆー子と出会うのも怖くなってきた。

今年の夏も自分を消耗してしまったので、
今は二人と並行しながら、心が落ち着けるところを探すことにする。

男に依存する女もセックスに依存する女もゲンナリする。
そういう女に限って、自分の気持ちよさしか追い求めていない。
男のイカセ方も知らないマグロが多かったので注意です。
女の子はイれてピストンだけでも気持ちいいのかも知れないけど、男は入れてピストンしててもなんも気持ちよくないのよね、挿入とイク時は気持ちいいけど、それ以外は別の競技(笑)
演技なので男の方が気を遣ってる場合が多いと思う。

自称「高速フ○ラ」が自慢の子も「イクまでやる!」って言ってたけど早すぎて痛かったし、気持ち良くなかったんだよね。
ゆっくりジュポジュポが一番気持ちいいし、奥までくわえなくてもカリくらいまでがいいのよ笑

でも舌技は鍛えるの必須!
ただくわえられてても何も感じれないし、先っちょチロチロとか裏スジとか玉もしてくれると嬉しい。笑


昔、セックスレスとか考えられなかったけど、
こんな状況ならセックスしたくなくなるわ笑

テンガで十分。笑



Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ