The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

February 2016

62Days



やっと仕事を見つけたと思った矢先


21日、

2ヶ月記念日のデート終盤、



彼女に振られた。


彼女がリゾバいくってことでちょっとモメてたのを俺が折れる形で仲直りして、


遠距離になってもお互い気遣ってって交際を続けていこうっていう流れで


彼女がいく前の最後のデートだったんだけど、


デートの途中で彼女の体調が変化して

そして態度も少しずつ変わっていった


その日は、俺も彼女もお泊りするって話だったんだけど、


ホテルの前で足を止めて、


「今日やっぱ無理」


「え?」



「これから先、私がしたいこととかいきたいとこにいく度に、足かせになると思うから別れてほしい」



結構な言い草だった


彼女はホント、かわいくて、素敵な子だったけど、

イライラするとヒステリックになるし、言葉が激しいし、

わがままっていうか、直情的っていうか、

でも、優柔不断だからハッキリとしたことも言わない

というより、

俺たち二人とも気持ちの伝え方が下手だったんだと思う

そして受け取り方も下手だった

未熟だったんだな


彼女の変化には敏感すぎなくらい気遣ってたんだけど、彼女にはそれが重く感じたのかもしれないし、

わからんけど

彼女の変化に気付いていて、俺は彼女を止められないことにも気付いていた

俺は彼女を待つ気持ちでいっぱいだったけど

彼女はそれがうっとおしかったんだろう


ホテルの前で次から次へとカップルたちがラブホに笑顔で入っていく脇で、

別れ話をされた

「これ以上続けても”同情”して付き合ってると思う」って、

同情で付き合うって言い方すげぇひどいんだけど

男でもなかなかいわないよ


どっちかと言うと、俺が待つ側だから折り合いつけたんだけどな、いちお大人だからw

でも彼女にはそれが優柔不断とかハッキリしないってことに捕らえられたのかもしらん


彼女の剣幕がもう怒りって感じだった

イライラするって

俺そんなにイライラさせてたんか?

ま、若さだな、そういうイライラ抱えるのも、許せないのも、

彼女にはもう届かない気がする


だから、俺は涙さえ出なかった


最後に駅の改札まで彼女を送っていき、

「ありがとう」

で、振り返ることなく別れた


交際した二ヶ月の間に、彼女から「好き」という言葉を一回もきくことはなかった

けど、彼女は俺のこと好きでいてくれた時期もあったはず

それは、彼女をずっと見ていた俺だから分かる

彼女の笑顔に偽りなんかなかった

だから、

別れ際の彼女も偽りがないんだって思う

一度も、嘘でも笑顔は見せなかった


帰る前にスタジオでドラム叩きまくって、

振られた直後にラインしてた同級生の女の子と飲みに行き

傷心の報告をw


そして、何もなく朝方帰って、

実家で昼食ってたら

母さんが


「次彼女いつ来る?リゾバいくんだったらしばらく会えないね」って


その時、

「彼女はもう来ない」って言えなくて、

涙出そうになって、

部屋で泣いた

その時だけしか泣いてない

でも、もうそれだけでいいような気がした


それが昨日のことで、

昨日の夜は俺が彼女と出会ったフットサルを企画してる友達が気遣ってくれて

銭湯いって、そいつんちで酒盛りした

「俺たちずっと女難の相終わらないな」って

そいつも最近彼女できたけど、

彼女がモテすぎてハラハラする毎日らしい

俺たちチャラそうに見えるけど、付き合う恋人には一途だし、似てる

たまに、俺たち異性同士だったらうまくいくのにな!って

ゲイかっ!!www


そんなことを結構いい合える仲って、親友だから出来ることだわ




彼女のことを大好きすぎたからツらいのはあったけど

今はその熱は一気に下がっていて

彼女を諦めたくない気持ちはまだあるんだけど、


彼女の今の気持ちはリゾバに向いてるのは分かる

俺が会社を辞めてワーホリに行った時と同じで、

人の言うことなんかきく気ないんだ

きっと俺が今未練がましく連絡しても無視されるだけ


彼女のことを思ってるというより、彼女を理解しようとしていたし、ずっと見ていたかったから


だから今の彼女には何も届かないと解ってるんだ


しばらく落ち着くために冷却期間を空けよう

といっても、俺はもう大人だからイライラとかじゃないし

もともと俺はケンカを後引く性格じゃないから、俺の気持ちは落ち着いてる

好きっていうより、俺は高かった熱が一気に冷めた

彼女はそういう俺を受け入れる努力すらしようとしないから

多分俺から連絡来ても無視するだろう

無視されんのが一番つらい


でも、せめて、友達とか理解者にはなりたいと思う

それが未練なのかも知れないけど

つながれるものなら繋がっていたい


せめて誕生日おめでとうとか元気?とか

それでいい

ささやかな絆でいい


あわよくば復縁したいって考えもあるけど

今すぐは無理だなって


うん



でも、おかげで目が覚めたよ


恋愛だけじゃあかんなって


たとえ仕事とかを見つけれても、

遅かったら意味がない


遅かったんだ俺


だから、俺は今やってんのは母さんに進められて手伝い的な感じでやってる福祉関係の仕事だけど、

それも本当にやりたいことではない

本当にやりたいことが何なのかもまだわかってないんだけど

俺はやっぱ昔あったハングリー精神が今弱腰になってると思う

行きすぎたことで失ったものもあったから

それが大事だってことに気付いても

何も取り戻せなかった

だからビビッて動けなかったんだ

大好きな人と離れるの怖くて


でも、今は、そのやりたい事だと思うことに向かって、


一歩


踏み出した


留学関係の仕事に興味あることを前のエージェントの人に相談してみた


まだこれからなんだけど、


それでも、何もしなかったり、何も知らないで諦めるよりはいい


いくらでも傷ついて、いくらでも苦労して

いいと思うんだ


好きな人のためなら何でも出来るって思えたんなら

やりたいことのための苦労は何でも宝だ


彼女に惹かれたのも、

彼女が自分のやりたいことをハッキリと持ってて

キラキラ輝いた目をしてたからだ

ワクワクしてたからだ


そんな彼女が好きだった


今の彼女のすべては俺のものになんないって解ってた

寧ろ、送り出したかったのかもしれん


そして、いつか彼女が戻ってきてくれたらって淡い幻を見ていた

多分それはない



彼女は嵐のように去っていった


そんな人だった


大好きだった


でも、苦しくならないんだ


彼女がやりたいことのために選んだんなら


今の彼女にはまだ、落ち着く気なんてサラサラなかったんだ


俺も、彼女のそんなとこを見習わないと、

今年29だけど

まだまだ夢に向かって生きてもいいんだ


ホントにやりたいこと何なのか

見つけよう



そしたらいつか、彼女が俺に惚れ直すくらいバリバリの巨チンになってガンガンついてイカせてやるんだ!


あー、


彼女と、も一回Hしたい!

生でやりたかったーーーーーーーーーーーーー

ごっくんさせたかったー



と、言って、


今、友達がいい子を紹介してくれるという話にワクワク! 

彼女との結婚を本気出して考えてみた


俺:現在、無職・求職中の28歳

彼女:現在、無職・リゾバに行きたい21歳 


俺:将来的には地元で再就職するか道内で就職するか考えてるが彼女と友達とに会える場所ならどこでもいい

彼女:未定だけど、とりあえずリゾバで沖縄に行きたい


俺:彼女と結婚したい

彼女:不明だけど俺とは付き合っていたい


俺:彼女と同棲したいけど資金がない

彼女:家は出たいけど資金がない


俺:彼女がリゾバいくなら俺もリゾバについていく・遠距離したくない

彼女:俺がついてきてくれるなら一緒にいきたい・遠距離したくない


俺:英語堪能で性欲旺盛な28歳

彼女:元気と体力はある21歳


セックスの相性:抜群にイイ!!


気持ちの相性:抜群にイイ!!



これが付き合い初めて1ヶ月ちょいの現状


彼女:地元でバイトするならリゾバか住み込みのバイトに行きたい

俺:彼女がリゾバいくならついていきたいが、今月姉が出産予定でうちの親なんもしないから姉のめんどうみなきゃいけなくて家から離れられない→近所でバイト探す



今後の課題


俺:彼女にもっと積極的にエッチなことしてほしい、ホテルみたいに料金的な問題で時間制限あるエッチじゃなくて同棲して休みの日には一日中イチャイチャしてたい!

一日中エッチしたい!
一日中挿入してたい!

コスプレでやりたい!
もっとエッチなプレーを積極的にやってほしい!

とりあえず、ちんこさわるとこから

こっちが指示するまでもなく触っててほしい

舐めてほしい

しゃぶってほしい

立ちバックできるように足鍛えてほしい


と、セックスに対する要求ばかりだけど


俺は彼女といるのが一番楽しくて

うれしい


そして今猛烈に頭かゆい


姉ちゃんの出産落ち着いたらリゾバいけると思うけどRSRには絶対帰ってきたいし、彼女と一緒にいきたい!
RSRの仲間に彼女見せつけたいし、出来ればテント内でやりたい!


一緒にリゾバいったら休み同じに出来るのかな?

リゾバ先でもイチャイチャしまくって色んなとこで・・・・





Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ