The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

September 2014

反論


日曜日に久々に本屋にいって

満身創痍な心持で店頭に並んだ自己啓発本みたいなブ厚い本を手にとって読んでいた


それでまぁ

それを買って二日で読み進めていくと、

あ、その本は『男の条件』とかっていう本


で、読み進めていくと、


共感できるところもあれば、反感を抱くところもある


俺も昔は向上心の塊だったような時期があったけど


最近は独りよがりな向上心や上昇志向とか成功だけを目指す人生とか

そんなものはどうだっていいと思うようになった


オーストラリアでの生活によって得られたものが多く根付いているからだろう


日本の経済界で生き抜いてきたお偉いさんとかが若者に自分の話を説いて、聞かせ伏せていくような内容の本を自分が買ったもんだけど、

なんだか精神状態の悪いときの出会いだから弱点をつかれたような気持ちだ


男の条件・・・・


それはひたむきに成功を目指すもの、

誰よりも金を生み出すこと

とまでは書いてはいないけれど


お堅いイメージではある


最近、僕が付き合いを始めたコミュニティがある


それに参加するというか行くきっかけになったのは、

今気になってる子がその飲み会によく行っているからだというだけで、

彼女に誘われなければ、僕は自主的には行かないだろう

俺には彼女がそこで高収入の男でもゲットしたいから行ってるのかと内心思ってる節がある

まぁ、単純に仲のいい人たちの飲み会に地方からそういう人を呼んだりしているのかもしれないけど


俺は彼女と遊べるなら何でもいいんだよな

彼女が俺の視界に入るなら



仕事の話とか
向上心の話とか
そんな話は俺にはどうでもいい

いい話をきけるし刺激にはなるけど、

そういう話を聞く中で、

自分がそういう上昇志向の人たちの中に埋もれて

自分を見失いそうになる


いついつまでに何々する


期限を決めることは大事だ

でも期限に追われるのは、

結果的に時間に追われ窮屈なストレス社会に埋め尽くされるのと同じだ


夢は自分主導で叶えるもの

夢が義務になったら夢でなくなる

夢は追いかけて楽しいものだから

夢に追われるのは苦しくなる

女の子のお尻は追いかけていた方が楽しいのと同じように


夢に追われるのは、夢を見失うのと同じこと

それは自分の軸をへし折るのと同じこと



人は人


俺は俺


あの子はあの子


あの子が望むならそういう男になろうとはするけど、


自分が自然体でいれない相手なんか、一緒にいて疲れるだけだ


いや、疲れてはいないけど


疲れてもいいのは一緒にいて楽しすぎて笑い疲れするのは全然いいことだけどね!!!




こんなにフラフラ行き当たりばっかりな人生をやっていても


曲りなりにも、俺は自分の最強の武器が何なのかを理解してるんだ


それは、向上心でも上昇志向でも金を稼げる能力でもない


この自己啓発本に言わせれば、そんなの男の条件ではないという形になるかもしれない


しかも、その武器は俺だけが持ってる固有のものではない


寧ろ、誰しもが持っている


それを武器としてカウントできるかどうかだけど


でもこの武器は人を殺さないし、人を生かし、人の気持ちに喜びを与えられるかもしれない



ありのままの~


という歌が今年流行った


その通りだ


仕事でも恋愛でも友人関係でも


ありのままの自分を曝け出せないような環境は所詮ストレス環境に他ならない


かっこつけて

型にハマって

肩が痛くなるのは


自然体でいれないのは


本当に信頼を寄せる人たちにも失礼に当たると思う


だから俺は


自分を開いていく


来る者は拒まず


去る者は大事なら追う


俺は、俺に向き合ってくれる全ての人に対して、フラットな関係でいたい

友人でも親友でも恋人でも家族でも同僚でも


俺をもっと知るがいい



この本で一番共感できることは

「大事なものを守るのが男の条件」だと書いてあることくらい


それは俺の真実だ


かっこつけるために着飾っていくのか


それとも


かっこつけるのを捨ててでも大事なものを守るのか



俺なら後者を選ぶ

 

와요

自分が不器用すぎて腹がたつ


上手くいってたはずなのに、


いざという時に上手くすることが出来なくて

下じゃないよw


上手くいってはずなのに

意識し過ぎてうまくいかない

不器用すぎる



でも、


やっっぱりめちゃくちゃ好きになった

前よりももっと

これからもっと

好きになると思う

これでフラれたら致命傷だな


思った通りだ


相手の気持ちを知りたいけど怖くなる


思った通り


最初に思った通り


俺はあの子をすごく好きになった



俺はあの子と付き合いたい!




あの子の彼氏になりたい!



そうするしか、もうこの気持ちを鎮める方法はない


いや、付き合ったらもっと燃えるかも


胸が熱くなる



 ホントに、



あの子しか見えない



他の人なんかどうでもいいのに



なんでうまくできないんだ


 
また、新しい壁が現れて


僕の前に立ち塞がった



でも、俺は逃げないよ



待つ事の大切さを知ったから


 
俺は彼女を待つ



彼女から、彼女の本当の言葉をもらうまでは



 

好きな人は一人いればいい



朝起きるとブレイクスルーが起きていた


神様に祈ったらすぐにリプライが来たけど


俺はもっと待つ気持ちでいたから逆にどうしていいのか分からない


これを返したら、俺はまた待てない短気に戻ってしまいそうな気がする


さらに、条件つきのレスポンスだったからこれは素直に喜んでいいのかと思う

1時間半か


できれば2時間はほしかった

俺ってそんなに警戒されてんのか

身体目当ての恋なんかしたことないんだけど

そんなにチャラく見えますか?

それとも気持ち悪いですか?

こんなに首が痛くなるほど悩むんだったら

もう恋はしたくない







だからせめて、

最後の恋にしたいです

神様





他の誰かを見るなとかAV見るなとか

それは男だから絶対無理だけど

絶対に手は出さないと誓えます

足もちんこも出しません

回数を重ねることには興味がない




俺はいつだって

好きな子と付き合ってお互いに幸せな気持ちでいるのが夢であり、人生の最大の目標です

だから好きな子は一人いればいい




彼女のことを考えると確かに頭を抱えたくなるけれど

僕の全身に流れる血液の流れが速くなって

ハートに流れ込むのを強く感じる

目に見えない、近くにはいない相手を強く、

そして優しく、抱きしめたい と思うのは、

僕の勝手な思い込みにすぎないけれど

いつかはそうなりたい



そこへたどり着くための険しい道であろうとも

彼女に会えるなら、

1時間でも30分でも、愛しい時間になるだろう

1秒でも1分でも長く、彼女を見ていたい

この想いが叶うなら

1週間でも1ヶ月でも待とう


終わりを知るその時まで、


夢は終わらない



それに、

たとえデートなんて花々しい小奇麗な約束じゃないとしても

社交辞令の建前上の一回きりの約束だったとして、

何かのついでだったとしても

彼女が俺のために1時間30分の時間を作ってくれるのは、事実だ


ワクワクする


ドキドキする


嬉しくて


笑いがあふれ出しそう




世の中を腐らせてるのはTVの影響が濃い


オーストラリアに住んでいたときは約10ヶ月間ほぼTVがない生活をしていて、

ニュースはネットで見れてもドラマとかバラエティなんかは見る手段がなかったわけだが

日本に帰ってきたら当たり前のようにTVがあって家でTVが点いてるのが普通の生活


帰国したばかりの時はTVが映ってることにすら違和感があった


さて、

報道というのは一方的で、バラエティとかドラマにしたって作り手側が面白さだけに着目して作るから一方的で、

TVはものすごく影響力があるとこの日本の社会では思えること

実際に、AV業界では熟女ブームの熱が高くなってきているのは

数年前から人気のお笑い芸人が「熟女好き」を公言していたのが少なからず発端になっていると思う

それと似たようなもんで、

世間では不倫とか浮気とか二股三股などの所謂、性関連の男女関係の多様化が一般的になっており、

問題視する傾向も薄くなってきている

実際に俺のバイト先の20代前半の女の子も30代前半の妻子持ちの男性と不倫関係にあったらしい

最近のTVドラマでは不倫をテーマにしたプログラムが多いような気がする

それが現実世界にも流れていったのか、それとも現実が先なのかは収拾がつかなくなるが、

不倫は犯罪である

TVドラマでの不倫を題材とした番組の放映は倫理委員会などには引っかからないのだろうか?

先輩が「ああいうのは不倫という犯罪を助長している」と言っていた



正直、不倫したいなら別れればいいのにって思う

だって、バレたら最終的には別れることになるし、バレたらバレたらで慰謝料とか損害賠償とかいろいろ面倒なことが付加産物として出てくる 

バカくさい

自分だったら自分を裏切った相手なんぞと、仲直りして仲良くなんてやっていけない

バレなきゃいい

でも、バレるもんだと思う

アバズレファッキンビッチだということが頭からこびりついて離れないだろう


みんな頭腐ってきてんじゃねぇか


いけないことをやるのは楽しいというのは小中高学生などの責任を負えない奴等がやって感じることであって、

事の重大さを知ってる大人がやることではない


自分が楽しいと思ってやった行動の裏側では、

自分の大事な人が傷ついているかも知れないと知れ


俺も今日、チャーチにいって

自分の小ささを知った

相手を疑うことは恥だし

自分の想いを押し付けている自分もはずかしい


そして、自分の作った歌の歌詞にもあったように

今は何も考えずに待つ時だ

信じて待つ

それだけで少し肩が軽くなる

損得勘定で恋愛はしちゃいけない


結果がどうであれ

俺は相手によろこんでほしいし

俺は相手に自分に優しくしてほしいから優しい態度を取るわけじゃない

俺が勝手に優しくしたいから優しくするだけだ


見返りなんて求めちゃダメだ


余裕を持たなきゃ


もう遅いかもしれないけど


今、目の前に立ち塞がった壁

超えられなければ俺が不甲斐なかった教訓として刻み付けられる

でも、短気になって無理やりに超えようと思っても、うまくいかずに返り討ちにあって

痛い目みるかもしれない


今は待つ時だ

待つことは大事だ

短気は損気

たとえ、彼女がこのまま俺に愛想をつかして去っていくだけなら

その程度の価値しかない出会いだったのかもしれない


そんな風には思いたくはないけど、もちろん


もちろん、彼女に心底惚れてるけど

俺はお互いにお互いのことをよく知らない

俺より彼女のことを知ってる男は出会ってからの期間が長ければ長いほど大差があるけど

でも俺はまだ割と新しい方だ

まだ何も知らないのにここで終わりなら




なんて思わないぞ!!!



 
だから待つ



遅くても遅くても待つ



沢山失うかも知れないけど


それでも待つ



今日はチャーチにいって本当によかった

何か救いがあるのかと思って疑心暗鬼だったけど

いったら今の俺に一番必要なことが降り注いできた

思わず、神様信じちゃいそうになった

いや、信じる!

俺に忍耐をくれ!

 

LOVE 終わりました



いや、終わってねぇけど!

脈ないな、うん、わかった


脈がなかろうが好きな気持ちは変わらないけど


既読スルーどころか未読スルーがあったなんてw


未読ってことはブロックされてるかもってことだろw


オワタ(⌒∇⌒)


と思っていたら既読になってる事実!

ブロックは免れたが、既読になっても返事はこない

こんなことをあんまり気にもしてなかったけど

連絡手段がこれしかないから気にはするしかない


やっぱりさすがOさん八方美人だな


大学の時のOさんたちは八方美人が多かった

ただでさえ、今でさえ、Oさんの友達多いけど

本当に心を開ける友達になるまでは腹のうちは見せない


ま、そういうことかどうか分からんけど

よく考えてみたら、相手からのアプライも今まで一度もなかったしな


今となってはリプライもない

デートの約束したのに無視ですっぽかされるとか、

本気で言えば、女としての前に大人としてどうなのかという行動

社会人としては最低だねww




俺には興味ないのか

俺の誘いに乗ってるフリしてくれるのは八方美人の優しさなのか


もっと素直な子いないのか


もっと人の感情表現がシンプルになればいいのにな



まぁ、このまま音沙汰なく日曜日を迎えたら、

もうこれ以降は俺も優しさ振り撒けない


一ヶ月先のオーストラリア行きのチケット買おう


嫌われたくないって気持ちで接する優しさが一番の毒だってことをあの人たちは気付かない

結局は自分がかわいいから、自分が大事だからってだけ

相手のことを思っての行動じゃない

そういうのが一番偽善的だし

一番人を傷つける

そういえば、

今までそんなことは何度だって経験してきたじゃないか

あの人たちの自分大事さ故の立場を入れ替わり立ち代り変えていく処世術

うんざりだ


俺はシンプルにはっきりすっぱりさせた方がいい

そっちの方が好きだ


自分から何も言わないのは、自分を守りたいからで

相手のことを思っての行動じゃない

騙されるな

もう、騙されるな


やっぱり一番いい女はBの女だな

ちょっと狂ってるけどあいつら一途だし

あいつらの生き方はかっこいい


最近、聖書のアプリをとってみたら

「ただ愛しなさい、誠実に」とあった

もちろん愛するよ

ただ、

今の時代はそんなに単純じゃない

ただ愛するだけで幸せなら

俺も何千年か前に生まれたかったぜ




さよならベイビー


もう恋なんてしないなんてー

言いたくなるよーな時代だよーホントにー


FUCKIN BITCH!!! 
Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ