The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

April 2014




目に入る日差しが

あのまぶしい

朝の光を思い出させる


あの窓はまだ

あの頃のまま

変わらずに


あの夏の日

夕暮れ

夕涼み

麦酒の苦味

オレンジの光浴びた

君はもう

変わってしまった


夢の果てには何がある?


その詩の向こうに誰がいる?


瞼を閉じて

息を吸い込んで

やわらかい風が

あの風景を思い出させる


あの夏の僕等は

蒼い空の下で過ごした

光の中で


背中に夕日浴びて

一緒に帰った




あの窓に

カーテンは揺れる

君の姿はなかった



 



 今日は『俺はまだ本気出してないだけ』っていう正に今の俺みたいな映画を見た。



何やってんだーーーーーーーーーーってなる映画だった。



ヒッピー色の映画見たい!



今日はおそらく札幌では今年最初の人となるであろうショーパンにTシャツでチャリで円山公園に行った。

桜が咲いてた。

お花見してる人たちもいた。

むかしむかし、

大昔に家族やら小学校の近所の友達と花見して以来、

何十年も花見してないなー

大学一年の時に先輩が「花見っすぞ!」と場所取りに行って、

徹夜で場所取って、翌日朝から雨で風邪ひいたっていう出来事以来、

花見に関する出来事はないなぁ


社会人になったら花見大会をするんだと思ってたけど、会社で花見したことないなぁ。

あの会社、いつも「花見すっぞ」とか「キャンプすっぞ」とか言うくせに実行したことなかったなぁ。

花見してぇなー




日々、ぼんやりと過ごしている。

つまらない、退屈な日々だ。

そして、窮屈な社会だ。

面白そうな仕事がないものか。

わがままな話かもしれないが、オーストラリアでやってた仕事はホントにハードだったけど、楽しかった。

仕事が終わって「よっしゃ!帰るぞ!」っていう時間が好きだった。

日本じゃ「よっしゃあ!帰るぞ!」っていう気持ちでも、声に出してはいけないような暗黙の重い空気がある。

くだらない。

仕事の余韻はダラダラしちゃいけない。

後味のない、サッパリした気持ちの切り替えが出来ないから、ストレス社会だの社畜だのという言葉が出てくる。

格好の悪いことだ。

終わったら終わったでいいんだ。

残業なんてダラダラしたことを無駄にやるから余計だるくなる。

残業代なんていらないからさっさと切り上げたい。

一部ではサラリーマンの残業代をカットして報酬制にするっていう動きがあるようだ。

そんなことは今じゃなくても、俺の頭の中にはとっくの昔にあったことだ。
日本の社会が俺の考えについてこれてない。
だから俺が何を言っても生意気なキティガイ扱いされる。
俺はよく考えていた。
月収20万円を得る会社を作るにはどうすればいいのか、とかそんなの。
月収20万で、月の労働日数は20日。一日一万円の計算。
時給で言えば、1250円×8時間の計算。
まぁ、テレアポでもすれば時給1400円で8時間で20日働けば、軽々超えるんだけど。

というか、俺の考えはそれじゃなくて、どうすれば残業しなくていいのかということ。
前の会社は残業代なんか出なかった。
だから俺は残業しないで帰ってた。
上司が帰るまで居残りするなんてくだらない非合理的な事もしなかった。
俺は仕事は就業時間内にちゃっちゃとやって終業時間がきたら帰ってた。

オンオフメリハリつけるってよく言うけど、残業代がほしいからダラダラとか、
俺は残業代もらえても基本的に残業したくないから残業しなかった。
だいたい残業するっていうのが俺にとってはカッコ悪いことだった。

よく経費削減とかっていう言葉も耳にしてたけど、
だったら残業代をカットして残業なしにして、終業したらさっさと帰った方が、
事務所の電気類による光熱費も、残業代でかかる人件費もなくなって経費を大幅に削減できるはずなのに、
それをしないっていうのは能力がないのか?と思ってしまう。
実際、欧米社会では「残業=無能」だから、時間を有効に使えない日本人は働いても働いても幸せになれない、
悪循環の象徴とも言える。

だから仮に俺が会社の社長とかなら、終業時間が終わったら1時間以内に退社しなかったら減給とかにして評価したい。
仕事やってるアピールは就業時間中にやれ!
てか、残業でアピールするなら時間内に仕事やれ!
ってな。

まぁー、そんな日は向こう15年は来ないだろうw
それよりも報酬制にした時、どういう評価で報酬を出すかだ。
営業とか歩合制・ノルマのある仕事なら評価はしやすいけど、それ以外の一般事務職員の評価はどうなるのか?
だいだい事務なんて誰でも出来て、つまらない仕事のくせにダラダラやっても金もらえるからみんなやりたがるわけだけど、
俺はずっと椅子に座って無言で仕事やるのが出来なかったから、現場にいってばっかりだったんだけど、
事務仕事は出来てたし、寧ろすぐ終わっちゃってたけどw


でも、なんでこんなにストレスの溜まる世の中なんだろう。
仕事に自由のない、頭を抑えられてる感じがする。
楽しいと思ってたんだけどなー


 

いつになったらバコバス乗れるのか



ユニクロにNirvanaのプリントTが売っていたので、2枚ほど買いました。


あと2ヶ月もすれば僕もカート・コベインが死んだのと同じ27歳。

まだ生きながらえている強運に感謝。

しかし、僕もこれでも一時期一部でカート・コバーン・ウシキというニックネームで呼ばれていたので、カート・コバーンには愛着がある。
(そう呼ばれていた頃、僕はカート・コバーンが誰なのかも知らなかった)




時は遡って、約10年前。


16歳。高校1年生の頃の話。



僕の通っていた高校は、西区の山の上にあって、緑のブレザーの制服がかわいいと有名な公立校だった。



 









あ、めんどくさくなった。




ちなみに、カートコバーンとは何にも関係ない話でした。

 

少年心の消失



最近、ブログの更新頻度高いけど、

オーストラリア行ってる間も今もそこそこ観閲数があるのが不思議だ。


んまあ
そんなことはどうでも・・・










ところで、
重大な発表があります。


それは、















欲求不満で大変です!!








ついついエロ動画を80本くらいDLしてしまいました。






こんなに見れねぇッ!!!





んで、出会い系アプリにも手を出してみたけれど、
んまぁ釣りですよね。

何回目かのメール交換から課金制って。


今や出会いにも金払わなきゃいけない世の中なのか・・・


しかも金払ってもその支払い先は意中の女性じゃないのねw


それならお見合いとかの方がよくない?

俺は出会いに金払いたくない。

てか、メールのやりとりするのめんどくさいから実際飽きてやってないけどね。


メールのやりとり中心なところがメール大好き日本人の特徴だね。


でも、俺はメールよりも会って話すの方が好き。

だって俺今、メールアドレスもPCのしかないし、LINEもSIMカードが日本の正3キャリアじゃないから年齢認証できなくてID検索もできないしね。


なんで年齢認証必要なん?


てか、ドコモかAUかソフトバンクかの3キャリアの電波でしか年齢認証できないとか不便すぎるでしょ!!


俺が日本に帰って来てすぐに思ったのは、




日本は前よりも暮らしずらくなったこと 



なんかいろいろめんどくさくなった。


規制とか多すぎ。



昔やってたようなアダルト番組やマル音スーパーデラックスみたいな 洋楽紹介の番組もなくなって、
日本はまた鎖国状態に入ろうとしているし、アダルト系の規制だってAV女優が普通のバラエティとかに露出したりして抑えてる感じ。
でも、その裏ではイリーガルが横行してエスカレートしてる。

規制という呪縛の網の目を掻い潜るように、違法行為者や業者が市民の生活を脅かしている。
詐欺なんかも多いし、やることがダサい。




だから俺は日本人はかっこわるいと思う。 




ジャンプとか雑誌がラップに包まれて売られてるのもなんか、ため息の出るような光景だった。

ガッカリな世の中。

そこまでしないと金を稼げないのか、

何のために金稼いでんの?


日本の人って、仕事して得た金が多くても使う時間がないじゃん。

んで貯金とか年金とかの積み立てに回して、退職してから死ぬまでの生活費になるわけ?

なんかつまんない生き方だ。

俺はオーストラリアから帰って来て、今出来ないことがある。

それは貯金だ。

まー入ってくるものがないんだが。

だが、実際、金は貯めるものじゃなく使うものだと知った。



いやー

トゥナイト2復活してほしいなー


あれを録画しておいて親がいない時に見る!という中学時代の楽しみ!!


珠に、日曜のお昼すぎの情報番組とかで、トゥナイト2に出てたコメンテーターとか出てたら、

この人10年くらい前はトゥナイト2でAV女優がおっぱい出してるの見て、ニヤニヤしてたのに・・・

って思うわけね!笑


 

思えば、10年前っていったら高校1、2年生の頃のAV女優と、今のAV女優の顔とかも全然変わった。
16、17歳の頃、見てた女優はみんな年上だったけど、今はもうみんな年下だ。
自分が歳を取ったと感じる時はそんな時だ。

でもS1のみひろとか麻美ゆまとか吉沢明歩とか同年代だけどまだやってるってすごいな!
高校の頃の人気女優なんてほとんど25歳までに消えていってたのに。
でも、俺は個人的にはみひろも麻美ゆまも吉沢明歩も見ないし見た事ないんだよねwww


ロリコンの俺としてはkawaiiとかアイディアポケットとかね。




うん、


SEXしたい!!



もっと性にオープンでもいいと思うんだけどな、日本人。


特に北海道の人!



だってみんなやるでしょ


外国人なんてほとんど身体の相性だよ?


身体の相性なくして恋愛なし!


と、そこまでは求めないけど、

もちょっとオープンでもいい!

でもオープンってのを、ただただ卑猥げ下品なエロをセクシーだと勘違いしてる女はイタイ。


熱くて濃厚なセックスしたいなー




でも、

こんな俺でもマジで思ってることは、

次付き合う人は本当に大事にしようと思うこと。




でも、

女はおもしろくない。

女は嘘をつく。

女はわがままで、人の好意も逆手にとって、傍若無人で、人の苦労とかを汲み取ろうとしない。
むかつく。



だから俺は女を信用しない。

好きになろうともしない。

もう自分から好きになろうとは思えなくなった。

俺は好きな人と付き合えない。

だからもう信用しない。

 

You can't understand me




風邪が悪化してしまって、咳をするたびに肺がいたい。

熱もなく吐き気もないんだが、

鼻の中や耳の中や喉の奥があつい感じがするのは体温計じゃ掬い取れない熱があるのだろうか?

とにかく、これか人前で仕事できないってんで、仕事やめてきた。

風邪は口実だったけど、でも風邪はマジできつい。

俺はオーストラリアで体力的にも体格的にも強化されて、精神的にも強くなって帰ってきたつもりだったけど、

オーストラリアでやっていたようにはうまくいかない日本の強さ。

出発前の俺のレベルが1で、帰ってきた直後の俺のレベルが99なら、

日本はLv188。

「海外ではうまくいってた」は通用しない。

俺の今いる場所はそんな夢も希望も自信も失わせるような場所なのか?

認めたくない。

こんなんじゃあヒーローになれない。

自分が最高に熱くなれるものを見つけ出せない。

強い意志がほしい。

あの頃、オーストラリアへ行きたくて仕方なかった頃のような強い意志。

強い夢。

何をどうすれば、何を得られるのか。



いつも考えるのだけど、俺の夢はあの子のように「●●航空のCAになる!」やあいつのように「親父さんの職を継いで造園王に俺はなる!」やあの子のように「海外に行ってアパレルのバイヤーになる!」じゃなくて、

俺の場合は、「オーストラリアに行く!」だった。
確かに俺は古い夢をひとつ叶えた。
けど今は何も思いつかない。
強いていえば、「またオーストラリアへ行く!ニュージーランドに行く!南アフリカへ行く!」
いつもどこかにここではないどこかへ・・・が夢だった。
ただの願望でしかない。
そこへ行って何をするかなんて行ってから考えてて、無計画だった。
でもそれでもうまくいくのがオーストラリアだった。
すべてが上手くいったわけでもないが、大方うまくいってただろう。
結局そのどこでもない中途半端なところで満足してしまって、

「これなら日本でもうまくいく」なんて根拠のない自信振りまいて帰ってきたけど、
俺を見る目が変わったのは俺の知ってるコミュニティの中でだけだ。
当たり前すぎる結末。

ここから前に進むには?


考えていたこともいっぱいあったけど、
うまくいかない。

オーストラリアじゃもっとシンプルで簡単だったのに、
日本じゃうまく生きていけない。

何よりさみしい。


なんでそんなに働かないといけないのだろう?

働くのは大事だし、好きな仕事が出来れば文句はない。

でも、
終わりなく問われ続ける命題の多さ、
尽きない天井、
仕事に出来なきゃ趣味も遊びと一緒に捉えられてしまう現実。



俺は、この「これはこうじゃなくてはいけない」っていうせまい考え方が嫌いだ。
世界に、日本以外の国やナショナリティ、人種、言語、文化、歴史、それぞれの成り立ちが存在するように、
この国の中でも、人間の生き方はひとつじゃない。
大学出たら就職しないといけないとか、就職したら次は結婚だとか、家だとか車だとか親孝行だとか、
もちろんその全ての慣習がおかしいといっているわけではないんだけど、
日本じゃたいていの人は右利きだから箸は右手で持たないといけないとか、
そういうの多い。

そういうのおしつけ。
人間らしくない。

洗脳と言ってもいい。
刷り込み教育みたい。

そういうのって人間の本当の感じる力とか、想像力とか、マイノリティを蔑ろにしてる。

違うことなんか怖くない。

違うことを考えられるから人はもっと賢くなれるし、進化できる。

同化や単一化や記号化されると、上も下もない、ただ果てのない横一線の風景しかない。


そんなのつまらない。


果てしないホライズンを見通すのもいいけど、ちょっと突き出た岩山や森や湖や自然のままの風景の方が楽しい。


人もそうだと思う。


俺はAKBもSKEもNBAもみんな同じ顔に見える。

あーいうのが流行ってること自体が滑稽だけど、

あれは一種の同化への洗脳に近い。

確かにみんなかわいいけど、

だから?って感じ。


特に突出するものがないなぁ。

突出したらしたらで、出る杭どころか蜂の巣にされるけどw

みんな同じでなければいけないなんて、

そんな未来でいいなら、クローン生み出せばいいし、

ロボットでも機械でもコンピュータでもいいってことになる。

そんなのつまらなすぎる。

感情がない。


でも、現実に感情表現を制限された所為で感情を表に出せなくなった若者もいる。


日本は確かに安全なのかも知れない。

世界一安全な国という人もいる。

ただ安全安全と言っていることが危険な罠だ。

安全の中の、まるで水槽の中だけで育てられた金魚のような人がいるとしたら、

そいつは外の世界を知らずに生きていく。

自然界の過酷さも素晴らしさも知らずに生きていく。

その方が危険色濃厚だ。



もっと自由でいいんだと、

そういう社会でもいいんじゃないかと思うし、

もっと自由でいいんだと、

そういう教育にしていきたいと思う。

俺たち日本人が北朝鮮の悪行をテレビで目の当たりにして思うことは、

すべてが同一化して支配された国だということだけど、

それは今の日本にも言えることだろう。

例えば、人前で弱音をはいたり、涙を流してはいけないとか、

そんなことを子供たちに強いていく社会なら、もっと世界の広さを知る必要がある。

違ってもいい。

違うものや違う人がまとまっていくことで作られる彩の方がずっと綺麗なアートになる。

英語ではHe must be himというと、

意味は「彼は彼でなければならない」ではなく、






「彼らしい」 









という意味になるのです。


この言い方、わりと好きです。 
Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ