The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

February 2013

堅実主義


俺って意外と金貯めてた。
てか、俺って本当に現実的で堅実的だ。
例え、留学で資金を使い切ってしまっても、
帰ってきたときのために別の口座を用意してる。
まったく手付かずの金。
俺のWH資金と今の生活費はすべて前職で稼いだ金だけど、
本当は学生時代のバイトや幼少期からのおこづかいで貯めている貯金がある。
それは社会人になってからは使っていない。
この金が実は結構な額だから面白い。
俺は本当に目標以外のことには興味がなかったのか、全然使う余地がなかったのか。
とにかく、この金は留学から帰ってきてからのとりあえずの生活費、若しくは大学院に入るための頭金。
自分でも自分がこんなに切り札を隠し持つタイプだとは気付いてなかった。
去年の年末の時点で全財産は300万円を超えていた。
今はもう留学料金を払って海外保険や諸料金の支払いで失われた額もあるが・・・。

俺は家庭を作ったら財産運用は巧みにこなす夫になるかもしれん。
てか、もう結婚相手となる恋人がほしい!
正直もう無駄に多人数を経験しなくてもいい。
あと一人いればいい。






今では毒舌なほど災いを齎す饒舌を誇る僕だけど、

今から5年ほど前までは、あまり人と話すのが得意な人間ではなかった。

人と話さなくてもいいと、話さなくても生きていけると思っていたのだ。

しかし、21歳の頃に大失恋をして、その時初めて、もっと色々話しておけばよかったと感じたのだ。

そして、大学四年生になって、就職活動などをしていて、自分は会社説明会や面接では全く話せない学生だったと今なら言える。

それで就活に失敗した僕は、せめて何かと思って一生懸命彼女を作った。

この時点で矛先が違っていたのだがw

しかし、まぁ、女性を口説くのに必死になっているうちに、今までの自分にはない一生懸命人と話すという能力が芽生え始めた。

そして、今では好きなことから無駄なウンチク、毒まではけるくらいの饒舌家になっていた。


留学センターの友人に、21歳で無口というかシャイボーイで乙女っぽい癖のある男がいる。
まず声が小さく、はっきりものを言わないので、周りからはもっとはっきりしろ!と言われている。
顔はすごいイケメンというほどでもなく、ブサメンというわけでもない、中性的な顔立ちだが、まぁまぁいい面してる。
多分彼は今までの人生で自分がほしいものは、ありのままの自分で手に入れてこられたのだろう。
なんとも腹立たしい。
しかし、そいつも4月には留学する。
はっきり言って海外では、日本で顔や協調性と言った、所謂受身体質OKな気質ではない。
そんなんじゃ生きていけない。

俺は社会人になって、会社で働いた経験があるから分かる。
正直、あんな男は普通の会社では使い物にならないだろう。
あいつが甘んじてるところは、あいつは親の職人職を継げばいいという点だ。
社会人スキルが十分でなくても、専門技術があればやっていける職というのが彼をハッキリした方向に持っていかせない。

日本では昨今、草食系なんだのとそれだけで存在意義があるように謳われているけれど、
そんな風に言っているうちに日本人は外国人の猛プッシュな気質に圧倒されてしまうよ!

ほんと、顔がよければいいなんて世の中の生ぬるさを払拭してやりたい。
俺はどんなに努力してでもほしいものを手に入れたいのだ。
そのために、自分でいるために何でも取り入れて、吸収して変わっていく。成長していく。
女を口説くのだって必死なんだ!

俺たち顔のよくない人間は、イケメンの数倍も努力しなきゃ、ほしい女を手にできないんだ。
だから俺たちは獣さ。
ゆとり世代でありながら、「競争」という言葉を聴くと、表面上はクールでも胸の中ではメラメラ燃え上がる!




 

夢と現実


もっとも夢や理想を実現しやすい人というのは、より現実的な考えを持つ人だと思う。

夢を見てるだけで、現在の現実直視できず、実行力もない人は所詮単なる理想主義者で終わる。

けれど、僕は割りと現実的な人間である。

そして、僕の理想実現のためのキーワードは「合理的」である。


僕は基本的にメリットのないことには挑戦しない。
というか、挑戦しても1㎜も役に立たなかったり、頑張りが無駄になることには手を出さない。
冷めた人間だ。
これは仕事をしていて身についた金銭感覚や経済力みたいな概念に似てる。
しかしながら、他人には無謀と言われて後ろ指差されるような行動もある。

例えば、将来性も全く見えていない留学や、
万に一つの兆しも見えない片想いなど・・・


けれど、僕はなんだかんだで望んだ方向へ歩いていて、遠回りしても無駄なくその分を吸収している。
仕事をしていたことを無駄だとは思っていないし、学んだことも経験や知識だけではないものに還元しようと思っている。
そして、何より僕は今、生きている。

僕は今のところ考えていることは、ワーホリで世界各地を見に行ってから大学院か放送大学に入って、教職を取ろうと思っている。
やはり俺はその道に行くことを目標としている。
俺が世界を見に行く理由は、広い視野や様々な考え方や人々と出会い、それを日本の子供たちや学生たちに伝えたいと思っているからだ。
そして何より、もっと世界を知ってほしいと思うのだ。
俺もまだ知らない世界を。

そして伝えたい。
子供たちの未来に、夢を持ってほしい。
夢を持てば、生きる希望が沸く!

ロックンロール!! 

誠を持って、誠を行えば、動かないものはない。




どうして一番好きな人とは付き合えないんだ。


気になるあの子のことを四六時中考えてる自分がいる。


昨日もあの子はみんなと一緒に俺のドラムを見にきてくれた。
帰ったあとメールもくれた。

けれど、彼女は俺には興味はないんだろうなってことを薄々感づいてる。
それでも俺は彼女に恋をしている。

今日も一日中彼女を思い浮かべては、どうやったらうまくいくんだろう?
どうやったら俺に振り向いてくれるんだろう?って

初恋の頃のように考えた。

解答は出るはずもなかった。

俺にはフォローしてくれる人もいなければ、相談する人もいない。
他の男子は結託しているけれど、俺がそこに入って「あの子のことが好き」だなんて言えない。
あいつらがあの子を狙っていることなんて、話していればだいたい分かるんだから、
俺はそんなに鈍感じゃない。

俺はいつも、恋愛絡みで男の仲間には入れない。
三角関係なんて、いつもそうだった。
今までの恋愛、いつも三角というか多角だった。いびつだった。
男の恋愛でのいざこざなんてのは、結構あっさりするもんだけれど、
それでも俺は今、奴等の中には入れない。
いつの間にやら、完全に隔絶されていた。

仮に俺が最初に「あの子好き」と奴等に打ち明けていたら、立場は逆だったろうか?

でも俺は言わなかっただろう。
本当に大切な想いは、誰かの口から零れてしまうよりも、自分の声で伝えたい。
例え、勝ち目のないダメもとの負け試合だとしても、
俺は周りの人の流れとか、雰囲気とかに流されることなく、自分の気持ちを自分で伝えたい。
うらやましいんだよ、
グループ交際みたいなこと出来るのって、
でも俺はいつも秘密交際みたいな感じだった。
うらやましい。
「この子、俺の彼女」ってみんなに自慢できるの
うらやましい。

なんで俺は仲間に入れてもらえないんだ?
それって俺があの子のこと好きなこと知ってるからなのか?
そしたら、俺の思惑はバレバレだよな。
それならそれでいいさ。
笑えばいい。
俺が振られゆくさまを見て笑えばいい。

俺にはあいつらみたいに共謀した作戦なんてない。
ただ素直に伝えるしかない。
好きで好きでしようがない。
なぜだか君のことが頭から離れなくて、
君にいい格好ができるあいつらがうらやましくて、

俺はスノーボードもボーリングもできなくて、イケメンでもなんでもない。
仕事もない。

女の子にモテる要素のある男がうらやましい。

俺なんか全然モテない。
前の彼女だって俺の好きなところきいても答えてくれなかった。
それって俺には何も具体的な魅力ないってことだろ?
「一緒にいると楽だから」ってそれも大事だけど、
俺には自信になる何かがほしかった。
それさえ聞いていれば、俺はもっと彼女を大事にしていたかもしれない。


けど、今はやっぱりあの子が好きだ。
狂ってるよ、こんなの。
狂ってる。
彼女が振り向いてくれるなら、今までの恋愛に懺悔して誠実な男になろうと思うんだよ。
見透かされてもいい、呆れられてもいい、
彼女に尽くしたい。
恋の駆け引きなんて放棄するよ。

重いな。
なんかこの感じ。大学3年の時の恋愛に似てる。
当時好きだった女の子を好きすぎて、でもどうにもならなかった。
その時も一番身近な友達と三角関係でw


もう何がなんだか分からん。
でも、答えはきっと一つだ。
揺るぎないものだ。
例え、ダメもとで、ダメだったとしても、俺が彼女に「好きだ」と言えば、それで全てが終わり、楽になる。
彼等の真実も知れる。

もしBAD ENDでも、俺はもう日本に憂いなくオーストラリアで生きていける。
逆境を反動にして。
オージーガールを口説きまくれるくらいの会話力を発揮してみせる!
何しろ、俺はこの留学に人生をかけている!
滅多なことがない限り、札幌には帰らない。

こんな風に言うと付き合う気ないのかとも思われるかもしれないけど、
恋愛に溺れてしまうわけにもいかない。
そういうところは俺は現実的なんだ。

いや、好きで好きでどうしたらいいんだ。
どうかしてしまった。
あと一ヶ月だ。
あち一ヶ月の中に、なんとか気持を伝える。
どんな結果だったとしても、伝えなかったことを後悔したくない。
負けが見えていることではあるけれど、それでも目の前にあるものから目を背けて避けて通りたくない。
好きって言えば、楽になれる。
本当は早く好きって言いたい。
楽になりたい。


もし希望の光が俺を照らしてくれるなら、俺は留学しても他の女には一切手は出さない。
彼女に信用してほしいから。
誠を通して、伝えたい。
 

Lifesize


自分の好きなこと、

好きって言って何が悪いんですか?


俺は、いくつになっても好きなことを「好き」と言いたい!


好きなことを「好き」と言えない世の中なんて、おかしくないか?

例えば、社会に出ると、

体育会系の部活、特に野球やサッカーなどのメジャーなものは硬派とされて、

文科系の部活や、メジャーじゃない体育会系は軟派とされる。


おかしいだろ?

自分が一生懸命心血注いできたものをそんな風に言われたら、理不尽だし、不合理だ!

勝手な印象で、自分の努力を踏みにじられたくない!

だから俺は、好きなことを、自分が頑張ってきたことを誇りたい!!

スポーツと音楽、
どっちが上とか下とかないんだよ!
スポーツにしか与えられない感動もあるし、音楽にしか伝えられない感動もある。






たとえ、君が俺のことをどうとも思っていなくても構わない。
けど俺の本当に本当を注げる一瞬を見てくれ。
それだけでいい。


たとえ、他のすべてが、
他の人の劣ろうとも、
俺には唯一、誰にも負けない想いがある。
それを君の目で確かめてほしい。

禁欲注意報



明日は12年間のドラムレッスンの集大成ともなる発表会!


万全且つ最高のポテンシャルを引き出すために、3日間連続でスタジオ入りし、禁酒し、禁欲しております!


アスリートか!
試合直前のボクサーのように禁欲して目ぇギラギラさせて明日に望むのだ!
去年一ヶ月間禁欲してたこともあったけど、
今回もまたつらい。
セックスする相手すらいないが、
もう半年くらいセックスしてないから
セックスしたくてしようがない!
鬼畜ドラマーとして明日を迎えよう。 

きっとこの禁欲を乗り越えれば、すさまじく気持ちいい絶頂を迎えられるはずだ!!


きっと俺のスティックもいつもの2倍以上に膨れ上がるはずッッ!!

(そんなはずないがな )


禁欲後に俺とセックスする女性は最高ですよ、多分。

サルっていうか、狂戦士になってるだろうよ。

バーサーカーだよ!

野生っていうか野人?野獣?


予約制だよ!



んな。



しかし、どっこい。


しかし、ボクサーでもないけれど、
一回のライヴの直前直後は徒ならぬ興奮状態にある事が多かった。
出来ればライヴ終わりのステージ裏で一発ハメたいと思うこともあった。
ステージ登壇した瞬間にすでに半勃。


しかいs、たった三日間で禁欲とは言わないだろうな・・・。

今までほぼ毎日、いや二日に1回くらい・・・・んーーー


しかし禁欲しても食生活とか日々の生活習慣を正しくしないと意味ないかもね。

残念、俺。



狂戦士の夢は遠い。 



しかしこれを機に本格的に禁欲してみるのも生活を改善することに一役買うんじゃないだろうか?
(今現在、禁欲についてのHPなどを漁り読んでみた)

俺は頭の中では色々考えてしまう性格だが、
本当はバカみたいに単純である。

そういえば、オナニーする時間をカットすれば他のことに時間を使える!
朝起きて布団の中でナニする時間をカットしてジムに走りに行くことも出来ただろう!
うわ、
俺バカすぎるヽ(TдT)ノ


そんな25年間の真実。 


どーせ、4月からオーストラリア行ったら、ナニすることなんて減るどころか、する場所さえなくなるんだろうし。
ホームステイ先のベッドをカピカピにするわけにはいかいない('A`|||)


それならいっそオージーのブロンドガールを抱くまで禁欲するか!
とか言って、渡豪前日に抜きまくりそう。
そして飛行機に乗り遅れそう(/TДT)/


とりあえず、次の彼女が出来たらオナ禁して、性処理はセックッスだけにしよう。

てかとりあえず今日もこれからスタジオ!
三日間の禁欲効果で集中力を高めて、明日はギラギラ★
Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ