The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

September 2012

好かれるやつほどダメになる。



という事が岡本太郎の著書『自分の中に毒を持て』に書いてある。


現代人は何だかみんな人に好かれたいんだろうなーと感じる。

そして、社会人は皆、人に好かれる人間であることを前提としている。

けど、そんな奴は犬の糞だよ。

誰にでも好かれる"犬"のね。



その岡本太郎の本を読むと、僕はくじけそうになった気持ちを回復できる。

世間が勝手に作った常識なんて、人間性を全否定したものなんだ。

古い人間や権力者が自分たちの思いのままに民を操るために作った愚かで、浅ましいものなのだ。

常識の価値観なんて全部覆されるよ。

自分を貫き、強い自分である方法は、常識や他人の言うことに捉われずに、
ありのままの自分を受け入れること。
そこから発信していけばいい。
他人に監視されて縮小してしまったら強い自分を誇示できない。

奴等が好く人間なんて自分たちの言いなりになる傀儡のような人間なんだから、そんな人格全否定されて骨しゃぶりつくされて利用された挙句に捨てられるくらいなら、奴等の喉もとに噛み付いてやろう。


奴等は当然の如く、権力を使ってくるだろうけど、それ以外何も持ってない奴等に俺等が負けるわけがない。
卑怯なのは奴さ。

俺等を何も知らないくせに知った気になって管理した気になってるけど、
そのズングリムックリな出腹を蹴飛ばしてやれ。

傲慢なんだよ。


オレの人生はオレだけのものなんだよ!
親だっていずれいなくなる。親が居なくなった時に自分の人生生きてなかったら、それこそ糞みそに甘ったれだ。
ふざけんな、ばかやろー

いつからお前等の目は曇り始めたんだ?
いつから真実を隠すようになった?
いつから権力や利権にしがみつくようになった?
お前らは管理してる気でいるだけど、実際には何も知ろうとしてないし、関心もない。
反原発運動してる人たちの揚げ足取りの奴等と同じだし、傍観者ぶってるけどただ自分を守りたいだけだろ。
二言目には家族だの何だのと言うけれど、
それはあんたらが自分で選んだ責任だ。

オレが選ぶ責任は、自分の力で自分の人生を切り開くことだ。
あんたらが押し付けてくる無責任の後始末するのがオレの責任でもないし、義務でもない。
あんたらが目を背けて、その場しのぎの対応で終わって、見ようともしないものが即ち真実。

あんたら古い人間が若い人や子供たちに関心持たないから、俺達の世代で起きている問題は大人には解決できないんだ。

何が政治にもっと関心を!だ。

あんたらがもっともっと若い人たちに関心持って接してたら、俺達だって関心持ってるって。

俺等は良くも悪くも、あんたら古い人間が作った下らない常識と、末期的に気が狂ってる間違いだらけのこの世界の結果なんだよ。

つまりあんたらがちゃんと先を歩いてくれないから、俺らが道を失うんだよ。


悪いのは大人だ。ばかやろ。

例え卑怯だと罵られようとも・・・


オレはオレであるためにオレを貫く。


今日は会社で部長に呼ばれて色々説教された。


オレはここ最近仕事にやる気を起こせなくなっていて、それでも仕事と英会話とをこなしてきたけど、俺の中のドライヴが容量オーバーでフリーズして文字通り風邪を引いて、今はぐったりしてるところだった。


そして、オレはやっぱり許せないことも言ったし、

自分がどう生きたいのかも言いたいし、

もう長くあの会社で務めるのは身体的にも精神的にも不健康になると思うし、

自分にも会社にも気を持たせられないと思った。


だからオレは「会社辞めたい」って言いました。

他に方法がない。

生きるか死ぬかだ。

どちらにせよ、オレは辞めれないのならクビになるために無断欠勤するだろうし、会社の不利になることもするだろう。

けど一応、オレはオレの意志で前に進みたい、選択をしたい。

「来年には留学するつもりなので、本年度で辞めさせてほしい」

3月まであと半年。
もつか?

持たないと思う。
できればもっと早く行きたい。


FBの中に密告者がいたらしい。
これでオレの居場所もひとつ減った。
部長はオレを卑怯だと言ったけど、
その密告者は卑怯ではないのか?

オレはオレであり続けるために体制さえ敵に回す。

誰かの言う通りの人格でなければならないのなら、オレじゃなくてもいいだろ。
てか、人間じゃなくてもいいだろう。

オレの人格を否定するなら、機械を雇え。

オレはクビになってもかまわない。
寧ろその方が嬉しい。
退職金もくれるなら会社都合で辞めさせてほしい。

けど実際もう金は貯まったから、金なんかいらない。

目標金額を手にして、俺は家計簿をつけるのをやめた。

 

来週にまた他の部長と面談あるらしい。
そこでその意志伝えて、辞める方向でいく。
どっちにしろ、いつかそうするつもりだったし、遅かれ早かれこうなると分かっていたんだ。
ワーホリが少し早めに行けると考えれば良い。

例え、説得されたり説教されても、オレの意志は揺るがない。
5年間揺らがないで耐えてきたんだから、これからも揺らがない。
でももう耐えられない。
こういう話が出てきた以上は、しこりは残るから、俺みたいな反体制的な人間を嫌う会社なんだったら辞めてやる。
いや、辞めたい。

ここにいる限り、オレはオレという一人の人間としては見られないと思う。
あくまで、親父の息子という枠の中で。


オレのことを「かわいい」なんて言ってたじいさまがたの喉もとに噛み付いてやる。
オレはかわいい小型犬じゃねぇ。
オレは羊の皮を被った狼さ。

大切な人はいつかいなくなる


幸福論を唱えたりはしない。


親も家族も恋人も親友もそうだけど、大切な人はいつか絶対いなくなる。

と、GRAPEVINEの田中和将が何かのインタビューで言ってた。

深いし、その通り。


今日は会社で飲み会があって、社長に説教された。

とにかく、この社長は「親孝行したい時には親はいず」みたいなことをよく言う。

でも、仲の良い後輩がよく言うんだけど、
「親のために生きてるわけじゃない」

そりゃあ、オレだって親や家族を大事に思ってないわけじゃない。
むしろ、きっと自覚してる以上に大事に思ってるに違いない。
だから、悩むんだ。
でも、そういう結末があるのは誰だって当然で、自然の摂理なんだ。
死なない人間はいない。
死を悲しむことはあるけど、死を止めることもできない。

仮に、親が死んだとして、それがオレの未来を奪う出来事なら、そんなことを彼等は望んでいないはずだと信じたい。

また、社長は「生きてるうちは親を超えられない」なんてことも言う。

けど、オレは親を超える気すらない。
何故なら、オレがこれから選ぶ人生は、親の存在なんか関係のない。
まったくオレの意志と能力を試すことになるのだから。
この会社に入ったのとは違う。
まっさらな大地に一人で立って勝負を挑むんだ。

男のその冒険心をそぐような会社なら辞めた方がいい。
男児たるもの、己が夢に人生をかけて、命をかけて挑むもの。

人のものさしで幸福や人生の価値を勝手に決められてたまるか!

オレはオーストラリアに行くために金を貯めたし、オーストラリアに行くために生きてる。
行けないなら死んだ方がいい。
オレを止めることは俺に「死ね」と言ってるようなもんだ。
オレは世界に行く。
絶対だ。

こんなくだらないシステムの中で死んでたまるか!

本気で生きたいんだ。
だから。

命をかけてでも行く。

人は命や人生をかけても守りたいものや譲れないものができた時、それはプライドになる。


もう、上司とか社長とかの話に愛想笑いでうなづいて嘘に染められていくのが嫌なんだ。
オレのプライドが嘘を付いている自分を許せない。

腐ってんじゃねぇよ

オレはこどもたちの味方になれる大人になりたい。
未来のこどもたちが夢を持って生きれるように、オレがこの人生をかけて証明してやる。

イジメや社会問題に対して揚げ足取るばかりで、何一つ現状を知ろうとしない下衆野郎どもは山ほどいて、そいつらは何で子供を守ってやろうって気持ちにはならないんだ!?
俺たちがこどもたちに伝えられることは熱意を注げばもっともっとたくさんあるはず。
学校が当てにならないんなら周りの大人が守ってやるべきだろ。

その場凌ぎの選択は何の解決にも至らない



最近仕事のことでもそう思うんだけど、恋愛とか人間関係とかでも同じことだ。


このまま二人が変わるか、離れるかしない限り、今会うのはまた答えをあやふやにして甘ったるい関係を続けて、また数ヶ月後に今と同じようなすれ違いが生じて、同じ状況に陥る。


別に別れたいわけじゃないけど、このままグダグダやっていくのもどうかと思う。


状況はヘヴィだ。
出来ればこのまま一ヶ月くらい時間をとってもいいと思う。


前の彼女の話。
2年くらい付き合ってたけど、一度彼女が別れたいって言ってきて、色々すったもんだあって別れたけど、別れた期間は1週間くらい。
あの頃は、本当に好きだったし、放っておけなかったから寄り戻したけど、それからのオレは半分は彼女を信用してなかった。
そのうちに、すれ違いが生じるのが多くなって、そのたびに今みたいにつかず離れずになって、一度会うと寄り合って、結局何の解決もしないまま元通りになる。
実際には元通りにはなってない。俺は彼女への疑いを強める一方だったし、信用もしなくなっていった。
で、また、同じようなことが原因で、マンネリを向かえ、その繰り返しの末に、
オレは彼女と別れることを決意した。
彼女のことは大事だった。
大事に思ってた故に苦しかった。
彼女が俺の心配を気にかけてくれないで、おせっかい呼ばわりされてたのもむかついたし、悲しかった。
彼女と別れて清々した。
結局、彼女は俺と付き合っていた間も別れたモト彼と密議の関係を続けていたし。
その直後は誰かと付き合うことも考えてなかったし、恋愛もしたくなかった。

俺は縛られるのが好きじゃない。自由に気ままにやっていくのが丁度いい。
だから今の彼女とも付き合う気なかった。そんなことは彼女も分かっていただろうけど。

今でさえ、誰かと付き合いたいと思ってない。仮にフリーでも。
何故なら、俺には夢があって、それの障害になるものは何であっても邪魔なのだ。
俺は冷たい男だよ。
「そんなことない」なんて言って納得したかったのは本当は彼女の方なんじゃないかと思う。
だって俺は自虐に対してフォローが欲しくて言ってるわけじゃなくて、
出来れば、俺はそういう無責任な奴なんだと気付いてほしくって本当のことを言ってたんだ。

ひどいこともたくさん言ったのは、ひどい奴なんだと気付いてほしかった。
俺と付き合ったら破滅するぞ!ってそれは言いすぎだけどw
俺の近くにいると一番傷つくことになる。
ダメ男好きの人って結構いるけど、本格的に終わってると思うよ、特に俺なんかは。

ホント、末期的な中二病持病に持ってるみたいな男だもんね。

でも、一応俺だって大人の一片だから、状況の判断は出来る。


その場しのぎの馴れ合いやナーナーの関係では、問題は解決しない。
大事に思ってなければこんなに悩まない。
しかし、今の俺にそんなに考えてる懐の広さがないだけなのかもしれない。
去年の今頃、バンドがギクシャクしてて悩んでた頃、俺は仕事の研修で駐車場やってたけど、その時おじさんにその事を話すと、
「そんなに悩むのは好きな証拠なんだね、でも苦しくて、楽しめないならやめたほうが君の為だよ」と言っていた。
そりゃあ全てのことにおいても同じことだ。
苦しいならやめる他ないことが世の中にはある。

楽しければ友達といる方が全然そっちに行く。
オレは飽き性だから手に入れたものには興味がなくなるんだ。
おかん譲りだわ。
いつだって新しい刺激求めてるし、今は時間がないから、やりたいことと仕事の他に考えることなんて無しにしたい。
頭が痛い。
胸が痛い。

ちんこかゆい。
 
明日も明後日も来週も予定いっぱいで頭痛い。
あと少し。
自分を誤魔化して生きなくてもよくなる。 



Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ