The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

January 2012

苦渋の決断


しばしの間、バンド活動は控えるということにしよう。

今はバンドを最優先できるほど心も身体も余裕がない。
メンバー集めながらって無理。


色々やりたい事がある中で、時間が限られてる時、
やはり合理的に考えれば、一番難儀なことを切り捨てるしかない。
バンドはやりたいさ。
でも、前のメンバーのクーデターで裏切られてからメンバーは見つからないし、ベースもボーカルやりたいっていって辞めたからもう死んだ。オレのバンド構想は。
いまやバンドは優先順位から落選しそうな勢い。

今が時じゃないって考えればいい。
多分4月くらいまではやりたくてもおっつかない状況が続くんじゃないかと思う。
仕事が忙しいわけじゃないけど、帰ったら寝ちゃうからキツイ。
それと曲があんまり理解を得られないようだ。
割りとブリットポップのような音楽性だからか、
やっぱオレのに一番近い音楽性はバインかな。

メンヴォも骨が折れる。
昼間ヒマしてる学生とかフリーターとは連絡取るのも時間合わないし、かといって仕事慣れして時間をうまく使える30前後の人たちとも合わせる余裕がない。
だから一時的にバンド活動はやめるしかない。

ドラムの発表会にも専念したいし、色々抱えすぎて頭痛いし、ここを抜けてリフレッシュしたいし。

活動してないバンドマンなんかなんのステータスにもならない。


何かを優先するには何かを切り捨てなきゃならない。
ホント今はいっぱいいっぱいで、バンドが上手く集まっても一人で引っ張る余裕がない。。。


バカンスに行きたい!

LOVE


オーストラリアに恋してやばい。

the wildest dream



会社から冬休みを取れと言われた。

土日含みで5日間。
しかも2月~3月中にって急だわよ!


どっか行きたい。
東京行く予定だったけど、できれば海外行きたい。
でも飛行機の予約とか間に合うかどうか・・・。
ホントいつもこういうことは急で腹が立つ。
でも4月から現場持ったら、大きな休みなんか取れなくなるし、海外なんか行けなくなる。
仕事辞めるまでは最低でもあと3年はこの会社で働くつもりだけど、今の気持ちだと保てない。
オーストラリアへ行きたいというのは言うまでもない。
去年もちょうど今時期だったなぁ。
ワーホリ資金の目安は250万。
去年で100万は溜まって、今月から次の100万へ向けて貯金開始してるけど、最近は本当に仕事続けるのが億劫になってきてて、だるい。
20万くらい使ってケアンズ辺りに行こうかな。
あと三年も働けば残り150万くらいは貯められるだろうし、あくまで29歳までに辞めてワーホリ行くつもりだから、多少多くは見積もれる。
本当は必要なのは200万くらいだけど、多いに超したことはないし、仮に帰ってきたら教職取る為に大学院入るつもりだから余裕は持ちたい。
帰ってこなくても、学生ビザかビジネスビザを申請してあっちで暮らせる頭金くらいにはしたい。
だから実際のところ、280万近くは貯めたい。
いや、社会人になって貯めた金は100万ちょいだけど、それ以前にバイトとかで貯めたのもあるから今も弾丸とラベルするくらいの余裕はある。
心配なのはスケジュールだけ。
うまく休みの希望日を抑えられれば・・・。


やっぱ、いくらワーホリに行くのがこれからの人生左右する大博打と言っても、夢であり目標であるものの存在を忘れたら、しがない人生を過ごして悔やみながら死ぬことになる。

ワーホリ行ったらラウンドで主要都市にも小さな町や村や地域にも行くだろうけど、実際に行かないと地球の歩き方とかの情報だけじゃ心もとない。
シドニーにも行きたいけど、シドニーは前行ったからラウンドの時は前行かなかったところにも行きたい。
それと同様に、今回ケアンズに行くとしたら、とりあえず楽しんで、ラウンドの時はそれ以外の事やりたかったっての出てくると思うから、それをやる!


なぜオーストラリアなのか。
オーストラリア以外じゃだめなのか。
て思うけど、すでにオーストラリアが趣味みたいなもの!
何よりデカイから数日の小旅行じゃ主要都市でも全部回れない。
でもラウンドなら自分のペースで行きたいところへ行ける!
しかも旅だから、普通のパックで行くツアーみたいに決まったところじゃないものを見れるし、決まったホテルに泊まって決まったディナーを決まった価格で提供されることもない。
旅行との違いはそこであり、旅行ではツアーを満喫するのも楽しみの一つだからどちらも一長一短の価値がある。

シドニー、ケアンズ、ウルルに行った経験があっても、まだ行きたいところはいっぱいある!
メルボルン、パース、ゴールドコースト、タスマニア島、ダーウィン、ブリスベン、またシドニーにもウルルにも行きたい。主要部だけじゃなくて、ただただ都市もなく続く大平原や砂漠や荒野を車で走り、ワイナリーやファームにも行きたい。ビーチにも行きたい。

こんなに国中に自然のエンターテイメントが溢れてる国なんて、世界でも指折り数えるほどしかないだろう。
世界中の人々がオーストラリアの大地を旅するのを夢見ている。
実際に今この時でさえも、あの大地を旅している人は大勢いるだろう。
端から見れば、それは人と違うことのようで人と同じことをしているようだけど、その冒険に一つとして同じものはない!
例え、誰かと同じ旅路を歩んだとしても、主人公が違えば物語も異なる。


僕はそんな物語の主人公になりたいのだ!

信念とは・・・


最近は定時に帰れることは珍しくなり、自分の仕事がまだないわりには定時近くになってから雑用頼まれたり上司が電話で勤務表に印鑑押してくれなかったりで、帰れない。

今日にいたっては先輩の車に乗ってたらそのまま業者の立会いになり、そのまま事務所から約1時間離れた現場で残業という。。。


帰りは寒いし眠いしでバスを待って、帰宅するだけで残りの体力を全消費してしまう。
今週はmixiでメンボするための動画を撮りたかったんだけど、なかなか日程があわず・・・


せっかくギターとドラムとスタジオ入れそうなのに、自分がおっつかなくて。
本当に去年の間は平日の夜も余裕あったのになー


朝出社すると、4番目くらいに事務所入るんだけど、もちろんやることがない。
でも朝早起きして出社するのには慣れた。

けど、なんだか虚空感。
感動がない。
本社に戻ると、接する人も限られてきて、現場にいた時みたいに別の会社の人と知り合うことも少ない。
こうゆう狭い世界ってのは、どうも肩が痛くなる。
同じビル内の会社の人と廊下で会ったら何気なく世間話でもしたいなぁ。
親父がいる会社がうちの事務所の下の階にあって、そこには同い年くらいの社員も多い。

やっぱりいくらSNSなどでマイミクみたいなのの数が多かろうと、実際の生活の中でその人達と一ヶ月に一回会うことあるのかって行ったらまず9割はないわけで。
やっぱ現実に繋がれる人がいないと友達なんていくら多くても意味ないわけで。

オレは友達少ないんで、一番も二番もない。
気が向いたら遊びに誘うけど、誘われることはない。
どうやらオレは嘘を言いたくないから本当のことを言ってしまって周りの人は傷つくらしい。
でもオレはそういう自分に厳しい環境の中で育ってきたから、逆に他人がそれだけで傷つくのは甘ったれだと思う。
それに手厳しいことは相手に成長してほしくて言うわけで、寧ろそう言われてこなかったのなら、そいつがパーフェクトなのか、それとも飽きられて諦められていたのか・・・。
世間は親や友達のように甘くはないんだと、最初から思ってると少しは楽になる。


人は、自分の欠点を認めた時に初めてそれを問題視するか否かで成長できるかどうか決まる。
さらにそれを乗り越えることを選ぶか、踏み倒すことを選ぶか否かの選択を迫られる。
人に求められる存在になるのか、孤高になるのか。

いつまでも自分の殻に閉じこもって、それを加護して容認してくれる甘ったれな他人たちの中で生きるのか、厳しい環境に身を投じるのか。
オレには前者の環境がまずない。
最初から戦場に立っている。

自分に厳しい人間になれというより、自分に厳しい人間を周りに置くようにするとかなんとか。
特に女の子はチヤホヤされたいから甘ったれが多い。
オレは図太くて強い女の子が好き。
ってのはオレに対して図太いんじゃんくて、目的意識を持ってそれのためなら自分に厳しくなれる人って意味で。
貪欲な人は好き。


流されたり、自分の意見持ってなかったり、言葉をコロコロ変えて優位な立場に居ようとする人は嫌い。
もっと嫌いなのは、裏でコソコソ手回しして一人を除け者にすること。
どうやら前のバンドメンバーはみんなオレのこと嫌いだったらしい。
そんなことを風邪の噂できくと、卑怯くせぇとしか思う他ない。
あんまりオレはそういう姑息な手段はしないからな。
他人にはプレッシャーを与えることで強くなってもらわないと・・って意識がある。
そういうことははっきりと言いたい。
みんなオレには伝わらないように電話とかでオレの悪口言ってたなら、なんて言われてたかよりも、そういう卑怯で卑劣な奴等とやってたことに気付かなかった自分に嫌気が刺す。
無駄な時間を過ごした。
裏で口裏合わせるなんてことはオレは絶対にやらない。
自分がそんな風にハブられたら嫌じゃないのか?

でもオレ、もう高校でも大学でもサークルでもバンドでもずっとそんな感じだわ。
世の中卑怯な奴ばっかり。
嘘つきばっかり。
自分ひとりの意見で強くなれない弱くて甘ったれな奴ばっかり。
オレが一番ピュアなんだと思うね。
こういう煽りが通用しないゆとりばかり。
信念のない者ばかり。
偽者ばかり。
偽物語。


せっかくマシンガンズ

一人で生きているわけじゃない!



ふざけんな!という気持ちなのである。


マジでわがままなやつ!


オレにわがままと言われるくらいなんだから相当なわがままレベルだ。



別にオレは大人でもなんでもない。
でもあいつも大人ではないと思う。

だいぶ気を使ってきたけど、もう我慢の限界・・・いや、臨界なのである!

いったい彼奴は、どういう神経してるんだか。

自分勝手すぎる!
自分の立場が危うくなったら、辞めればいいと思ってるなんて、ただの負け犬で腰抜けの負け組ではなかろうか。
自分の頑張りが足りないことを棚に上げて、逃げてるだけさ。
何度もここには書いてるけど、オレには目標があって働いている。
それでも心折れそうになるさ、でも、それまでは現状を楽しみつつも変えていこうと前向きにやっている。
じゃなきゃあ、始業時間の一時間前に事務所に到着したりなんかしないさ。
働きマンではないけど、投げやりにやってもいない。
仕事を辞めれば自由かも知れない。
けどその怠惰な自由が目標への近道になる保障はない。
寧ろ、遠回りになる。
オレはワーホリに行くという目標を達成させて、その後の生き方を選択できるようになるまで他のリスクは犯せない。
飄々としていたいが、ちゃらんぽらんにはなりかくない。


だから一緒にされたくない。
オレは逃げるためにワーホリに夢見てるわけじゃない。その先にも目標がある。夢がある。


人間関係が嫌になったから辞める。
それを繰り返したら、いずれ人間辞めることになるよ。
周りから誰もいなくなる。

それを「縁」で片付けてしまうなら、もう知らない。

うちの下ネタ課長が言ってたけど、
「他人を変えるより、自分が変わる方が早い」

自分が受け入れてもらえないのは、自分が受け入れないからだ。
自分に辛いことが降りかかるのは、自分が誰かにひどいことしてるからだ。

そんなこと、毎日考えて生きるのは億劫だけど、いつまでもそれに気が付かなかったら、本当に一人になるぞ。
人間なんかこの世界に60億人いるって考えるのも一つの手でもあるけど。


でも、自分がわがままに生きてる裏側で、支えてくれてる人がいるってことに気が付かないなら・・・。

一人暮らししてるから大人なのか?働いてるから大人なのか?二十歳を越えてるから大人なのか?
初体験が早ければ大人なのか?経験人数が多ければ大人なのか?金のはべりがいいから大人なのか?
肉体が成熟すれば大人なのか?好き勝手に生きてれば大人なのか?経済とか政治に詳しかったら大人なのか?冷静な判断力と包容力があれば大人なのか?気を使えることは大人なのか?


大人って何?



思いやりがあることが大人なんじゃないかと思うよ。

オレが家から離れて、一人で生きていこうとしても、家族の縁は切れることはないし、多分ホントに大事な友達も切れることはない。


キミが家を出て一人で働いて生きていても、その裏側ではキミを守ってくれている人がきっといるはず。

少なくても、君の親御さんや兄弟はキミにうざがられてもキミを守ってくれたはず。



正直、今のオレには君が憎たらしくてしょうがない。
それはオレが大人ぶっているだけだからだ。

Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ