The Outback Sky

Love, Freedom, and True Rockn'Roll

August 2011

Virus

tricotのベースとかDrop'sのベースとか、背の小さい女の子が極太のベース弾いて踊り狂ってると可愛いな。

tricotは今めっちゃいいと思うニューフェイス。
企画動画もおもろいしw
あんな元気な女の子だったらうちのバンドもアレなのにねww

きっとミズキさんはライヴでは突っ立ってベース弾くんだろうな。
ベース弾いてるとき不規則なリズムで片足を上げる癖があるようです。
どーせ突っ立って弾くんならバインの金やんみたいにファンキーな佇まいでやってほしいw



こないだスタジオでアドリブでやった曲はメロディも歌詞もすぐ出来て、あとはサビと全体像だけ。
他の曲に比べるとメジャーコードのパワーコードだから明るくシンプルに聴こえる。

でも個人的にはファンキーなシャウトな曲か、



こんなディレイと空間系多様なカオスな曲をやりたいのだ。

曲を作ってしまえば、あとはオレは如何様にもメロディを作れるのだ。案ずるでない。

できれば訳のわからないことを歌いたい。

ベースに何曲か用にブリブリさせるエフェクターを使ってもいいと思う。



今日で設備の研修を終えた。
なんだか寂しくなっちゃって・。・
あーーいいところだったなぁ36。
もっと勉強しとけばよかった。
元自衛隊の松井さんに自衛隊のグッズなのか、迷彩柄のタオル貰ったw
因みに、今まで何にもあそこで研修した社員はいるけど、送別会を開いたのは僕らが初めてだったそうだ。
やったね★
明日から駐車場やで。
毎週シフトが違う。まるでバイトやー、オレ一応正社員ぜよ。
今年後半の研修は、時間的になかなか厳しそうだ・・・
オレぁ、金よりプライベートな時間が欲しいぜよ!!
ライヴに向けてのバンドと仕事でプライベートで恋やらするヒマすらない。
けどもっとヤバいのはギター弾く時間がない。

毎朝、仕事に行く時にすれ違う旭丘の女子高生とあわよくばお近づきになりたい。
けどシフトによっては会えないなー
なんか、雨の日に雨宿りしてる女子高生に折り畳み傘貸してあげたいわwww

胃下垂

スタジオで撮った動画を改めて見返して見ると、オレって首太いな。
イライジャウッドくらい太い。

そして顎をひいて手元見てるときとか、顎の脂肪が・・・orz
もうすぐ顎と首の分かれ目が分からなくなりそうな。。

童顔及び首周りデブだからなんだか不安定。
名人は意外と首周りはすっきりしてるw
なんか二重顎になってるし、骨格と脂肪の違いが明らかだ。

身体の方も最近腹が出てきた。
胸が薄いのに、胃下垂だから食ったら腹ボコッとするのよorz

ロックンローラーは身体鍛えないで細身を保ってるけど、
何もしなかったらオレ、ブクブクになるんじゃなかろうかT0T

と言って、身体動かすのも苦手だしなぁ

テニスなら辛うじて大丈夫だけど・・・

昔は痩せすぎてて問題だったけど、今は急に太ってきて問題だ。

事件だ!!

多分、原因のひとつに、おかんが作る弁当が入りすぎてるのがあるだろうな。
行きは英語辞典級の重さだしw
オレも職場のおじさんみたいにキャベツでダイエットしようかなww

てか、今の職場での研修ももう今月あと2日。
来月からまた別の職場です。たらい回しですわ。
劣悪な研修だ。
でも今の職場のおじさんたちには世話になったので、何かお菓子でも買って御礼したいね。


ライヴ来てくれるっていう友達が増えたので、普段あんまり会えない人と会えるっていうことでライヴ楽しみになってきた!
何ていうか、ライヴで友達に会えるのって嬉しいなー
多くの人に診て欲しいってよりも、自分を知ってる人に見て欲しい。
そんで新たな一面を発見してほしい。

証明

今日は札幌の高校生バンドDropsのインストアライヴを見た。
タワレコで。
15時から爆弾ジョニーもやっていたそうだ。

彼らは同じ札幌からデビューした高校生バンド。企画も結構一緒に出てるのが多い。
片方は女子高生版ミッシェルのガールズバンド。
片方は青春パンク系ボーイズバンド。
スタイルは違えど、これから二つのバンドは比較もされるんだろうな。
しかし、若さというエネルギーは燃え尽きないうちに燃やしておかないと!w

吾等には取り戻そうとしてもなかなか出来ない事だからw

ベースの子がクールでかわいかった!
ボーカルの子は顔真っ赤にして歌ってた。
歌い方も初期のチバっぽい。けど歌はうまい方じゃないねw
インストアだからか、ギターもベースも小さくて、歌がデカかった。

靴買った。バンズのスニーカー。
今履いてるバンズのスニーカーとは形が違うやつ。今の方が好きだけど、もう売ってない。
赤い靴が良かったんだけど、なかった。コンバースならあったけど、赤すぎるし、履き心地が悪い。
流石に年を重ねると靴によって足の快適さが変わるのを如実に感じるww

楽器屋でギターポリッシュ買った。
エフェクターケースもシードも欲しい。ワウも欲しい。
A/Bスイッチャーを加えて、ギター2本使い分けるようにしたい!
そうすると、結構金かかる・・・
エフェクター1個買えば、自然とパッチケーブル1本買わないといけなくなるし、パワーサプライも必要になる。
ギターソロ弾きたいから、それ用のイコライザーかボリュームペダルも欲しい。LINE6のMM4も欲しい。
なかなか・・・

携帯は来月になってからスマフォに変えようと思ってる。今日ビックカメラ行ったら、エクスペリアの機種代タダだったぞ!?

今の携帯には色々と消せないモトカノとの思い出が入ってる。
ファイル整理してたら知らない外人美女の水着写真の合間にモトカノとのプリクラやら写メがあって、仕事中に苦しくなった。
嘘つきで本音も後になってから言う、本当に人の気持ちを察することができない子だったけど、憎んでも憎んでも、憎み切れないんだなぁ・・やはり。
出来ればライヴに呼びたい。
オレはなんのためにバンドをやっているんだろう。
彼女にオレたちの夢や頑張りの輝きを見せたかったはずだ。
ずっとそう思ってたはずだ。
なのに、その人が今はいないなんて。
なんでオレが拒絶されなきゃいかんのだ。
一方的で、悪いのはあいつのはずなのに。



めんどくさい。

それが彼女の口癖だった。

それを聴く度、オレはうんざりした。



面倒だ。
後先考えるのは。
オレはいつでも彼女には真っ向から向き合っていたはずだ。
連絡しないでって言われて2ヶ月連絡しなかったけど、やっぱりオレは、オレの目的の為に頑張っている事をあいつに伝えたいんだと思う。
本当に連絡を断ちたいならメアド変更してるかも知れない。
それも確かめるためだ。
それで変更されてて、連絡付かなかったら、それはもう、しゃーない。
諦める、今は。
でもいずれ、人づてにでもオレ達の証明が耳に入るように、轟かせてやる。
届かせてやる。

会いたい。話したい。
元に戻りたくはないけど、楽しかったことも全部憎しみに変えられたくない。
なかったことにされたくない。

オレの声

オレの悪い癖で、思った事を言えずに何でもかんでもブログに書いてしまう事がある。


このブログを読んでる人の中には、そんなオレの言葉に共感する信者も多いけど、本当は自分でも、生の言葉で言わないとあかんと思ってる。


どんなに正しくても、熱くても、届かなければ意味がない。


ブログの方が分かり易いかも知れないけど、取り繕う事はできない。
言葉の取りようでいくらでも解釈されてしまう。


意外と、面と向かって言った言葉が響かない人々もいる。


どうすればいい?


伝えたい事が伝わらなかったら、どうすればいい?


本当に伝えたい事なんて、そんなに多くないけど、その僅かなものさえ伝わらなかったら・・・


言葉を持ってるのに伝えなかったら、人間の口は退化して、話すことも出来なくなるのかな。


ブログに書かれた文章よりも、オレの声は誰かに届いているのかな。


思い立った時に何かに残さないと、自分の感情のうねりが日常の中でも、かなり多いから、すぐ忘れてしまう。
自分が吐き捨てる言葉は、自分にとって吐く息同然だから、ただ忘れていく。
意外と、言おうと思って考えていた台詞ほど、誰にも響かないで忘れられていく。

言葉はやはり難しい。
異文化の言語でも、生まれ育った国の言語でも、伝えるのも、理解するのも難しい。
メモ取らないと忘れてしまう。


話し出すと脱線ばかり、伝えたい事伝えられない。



だからどっちもやる。

とことん!

甘ったれが

僕は仕事をして働き出して、社会の事も世間の事も以前より少なからず分かってきたつもりだ。


だから僕は以前の自分のような人間に言えるようになったことがある。


「甘ったれんなや」


生きていくには金がいる。
夢を追うにも金がいる。
生きていくには食わなきゃいけない。
食わなきゃ死ぬだけ。
食う為には食物を得る代価としても金がいる。
金は稼がなきゃ生まれない。
稼ぐ為には働かなきゃいけない。
金は有限。無限じゃない。
親の金で夢追ってる奴がいるなら、そいつは糞野郎だと思う。
親の為に生きてるわけじゃないなんて言う奴がいるけど、
そうだと言うなら、自分で稼いで生きろ。
自分の為に生きる為に必要なものなら自分で手に入れろ。
いつまでも甘ったれてんじゃねぇ。
親の金は無限じゃないし、親の命も無限じゃない。
親が死んだら金はなくなるし、そしたらどうやって生きてく気だ?
金がないから死ぬんだったら、今すぐ死ぬ気で働け。
自分の望む才能で認められて稼ぎたいとしても、自分の力で生きてない奴の才能なんて誰も見ない。
どんな偉大なロッカーたちも下積み時代があった。
その人達も苦しい時代で自分の力で成り上がって来た。
人生賭ける夢なら、その人生の為に必要な事を見つけろ。

僕も昔は反対の人間だったけど、仕事をして、自分の給料を貰うようになって、
自分は両親の労働と汗と苦悩によって生かされていた事を知った。
人生は自分のものだから、親の為に生きるなんて思っていないけど、
だからと言って、いつまでも親の世話になるつもりもない。
現に、給料を貰ってる今となっては、生活費も食費も小遣いも貯金も全部自分で稼いだ金で浪費してる。
先月買った20万のテネシーローズだって自分の稼いだ金だけで買ったし、オーストラリアへのワーホリ資金だって自分の稼いだ金を貯金している。
自分で稼いだ金を自分の為に使っているんだ、誰にも文句は言わせない。
もちろん、両親にもご馳走したりしたし、家にも入れた。
誰も文句は言えまい。
自分の為のもの、自分の目標の為のもの・・・
その生きる為に必要なもの。

いつまでも誰かに頼ってて、それが誇らしいとは思わない。
いつかは親元を離れ、自分の生きる場所を探していく。
二十歳を超えたら人間もう大人の考え持たないと、
でもそれは社会や世間を知り始め、受け入れ出しただけで、染まるのとは違うと思う。


今までの僕もこうは思ってなかったけど、今は仕事をする事で学んだ事も多い。
周りの環境の変化で、不自由な事も多いけれど、仕事をすれば甘ちゃんの学生ボケも成長する。
それで社会が嫌になったら、脱サラでもして、海外行っちゃえばいい。
けど何も知らぬまま、知った気になる事が最も無知で恥ずかしい。
親という一番身近な存在とは、子はいつまでも一緒にいられるとは限らない。
明日も危うい社会の中で、親の精神を軽くして安心させてやる事がまず第一の親孝行だとは思わないだろうか。
長続きしなくてもいいから、自分で働いて、知って、見つけて欲しいと思ってると思う。

どんなに大きな口をたたいても、親の保護下にあっては、それも絵空事にしか聴こえない。
自分で生きてる事を証明したければ、まず金を稼ぐこと。
そこから自分の夢や自由を掴み取ればいい。


そう思えるようになったから、オレはそいつらに豪そうに言える。
「甘ったれんな」
Profile

Yoshi

Counter
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

  • ライブドアブログ